Monthly Archives: 10月 2014

【霜月11日】1周年記念手書きローソク足(罫線)愛好会開催します。

申込受付中! 11月のローソク足手書き講座
20日(木)19時から21時


ローソク足手書き講座を受講された方と投資の中・上級者の集いを開催します!
和ろうそくの炎が揺れる和の庵あいれ屋で、少しだけお酒をいただきながらリラックス。
参加する方が思い思いの方法でローソク足を手描きすることを楽しむ会です。

11月はローソク足講座を始めて1年目を迎える記念の月。
特別な何かをご用意して参加をお待ちしています。

ワーズオンが作ったローソク足手書き専用方眼紙[ラクロシュ]使い放題!
ローソク足を書くための筆記用具は用意しますので、手ぶらでご参加くださいませ。

★ローソク足手書き講座に参加された皆さんへ。~ふたたびのあいれ屋~
あいれ屋さん、風情があって素敵でしょ。なので、また集まりましょ。
ローソク足の続きを描きにきてください。

★投資の中・上級者さんたちへ。
「チャートは自分で手書きしなきゃダメだとわかってはいるが、なかなか書き始められない…」「方眼紙1枚買うのが面倒で…」と思っている方はこの会への参加をきっかけに始めませんか。
手書き専用方眼紙が用意されているから手ぶらで参加できます。

和ろうそくの灯りの中でローソク足を描きながら
ふたたびの方も初めての方も、ローソク足を手描きすることの意味を語り合いましょう。

【中止】11月8日 (土)午後7時30分から9時まで 【申込締切11月6日(木)】

当日の流れ
講義はありません。
ローソク足の描き方がわからない方は
同日の午後5時から実施されるローソク足(あし)手書き講座
の受講をおすすめします。
1.まずは腹ごしらえ(こだわりのおにぎり)
2.まったりと日本酒飲みながら…、各自自由に… ローソク足を[ラクロシュ]に手書きしましょう。

参加の仕方
ローソク足手書き講座を受講済みの方
【A】【B】どちらかを選んでローソク足を手書きします。

【A】前回の続きのローソク足を書く
[持参するもの]ローソク足の描き方講座で使用した[ラクロシュ]

【B】新たに別の銘柄のローソク足を書く
[持参するもの]気になる銘柄、たとえば、プラチナ、米、日経平均株価、ドル/円、個別株…などなど、の四本値を最低10本分ご用意ください。

ローソク足手書き講座を受講していない方
書きたいローソク足の銘柄の4本値を最低10本分自分でご用意ください。
それを使ってローソク足を手書きします。
※4本値がご自分で用意できない方は、事前にメールでご相談ください。善処させていただきます。

参加費
ローソク足の手書き講座でお馴染み、こだわりのおにぎりとお酒(1杯程度)付です。

ローソク足手書き講座を受講済みの方
1,300円(税込)受講者割引料金

ローソク足手書き講座未受講の方
1,800円(税込)

割引通し券
1,000円(税込)
この日は17時から19時まで「ローソク足の手書き講座」が開催されています。
そのあと、引き続いて参加される場合は、通し券料金でご参加いただけます。

進行役
鈴木さち子
証券会社等金融会社数社で役員秘書、人事採用、経営企画、
広報と幅広く業務を経験。金融系雑誌の編集を経て、
2006年1月Web企画会社 (有)ワーズオン設立。現在、代表取締役兼ライター。

場所:和の庵 あいれ屋
中井駅徒歩2分(西武新宿線/都営大江戸線) 東京都新宿区上落合2-17-3 おかめ工房2階 あいれ屋地図

定員:8名限定(最低催行人数3名)
(当日のキャンセルはキャンセル代が全額かかります)

割引通し券、ございます!
この日に開催される
ローソク足の描き方講座」を
受講された方が引き続き参加されたら
\1,000円/です(^^)


お申し込み方法
ワーズオンWebサイトのお問い合わせフォームからどうぞ。 [お問い合わせフォーム]
[件名]は[愛好会参加]、[お問い合わせ内容]に「参加する日にち」 を入力して申し込みください。

フェイスブックからもOK!
[ワーズオン]のフェイスブックページのイベントからもお申し込みいただけます。
手書きローソク足(罫線)愛好会ローソク足の描き方講座参加者と投資の中・上級者の集い
https://www.facebook.com/events/1534024160175924/


お酒や軽めのおつまみ(1品のみ)持ち込みOK。

ふたたびの方も、初めての方も
どうぞお気軽にお申し込みくださいませ。
ご参加を心からお待ちしております。

Posted in ダンス, 着物, Wordz-on info | Leave a comment

【2014年11月】ローソク足(あし)手書き講座のご案内

株価等の分析に使われている「ローソク足(あし)」を、
ワーズオンオリジナルの専用方眼紙[ラクロシュ]
「手書き」してみませんか。

会場は東京新宿区中井の古民家サロン。
焔のゆらぎが心を癒す和ろうそくを灯した中で行います。

11月はあいれ屋でローソク足講座を始めて1年目を迎える記念すべき月。
第1回目は2013年11月7日でした。
ラクロシュを使った「ローソク足」の描き方講座、11月7日の様子をご報告。

なので、特別な何かをご用意して参加をお待ちしています。

2014年10月11日のローソク足の手書き講座で専用方眼紙[ラクロシュ]にローソク足を描いているところ

ラクロシュ[LaXU]は、
ワーズオンが制作、販売している目が疲れないラベンダー色の方眼紙です。
「楽(ラク)にローソク足(ロ)が手書きできる(シュ)」からラクロシュ[LaXU]と名付けました。

ローソク足(あし)とは
株価などの4本値(始値、終値、高値、安値)を一本の絵で表したものです。
形がろうそくに似ていることから「ローソク足」と呼ばれるようになりました。
発祥は日本。江戸時代に大阪堂島の米相場で使われたのが始まりです。
海外では『キャンドルスティックチャート』と呼ばれ、世界中で使われています。

11月開催のご案内
11月は土曜日と木曜日の2回、開催いたします。

【中止】2014年11月8日(土)17時から19時【申込締切11月7日(金)】

【中止】2014年11月20日(木)19時から21時【申込締切11月19日(水)】

5人★特割、絶賛開催中!
参加する方が5人以上集まると、お得ですよ。
全員に\500円/キャッシュバック!いたします。
ぜひ、お友だちを誘って遊びにいらしてください。

会場は東京・新宿区の中井
ラクロシュを店舗で販売していただいている
東京・新宿区中井古民家ギャラリーさくらさんの2軒お隣。
とっても趣のある和の庵あいれ屋さんです。


■プログラム
株価など分析に使われる「ローソク足」を
初心者にも描きやすいよう2ミリごとに幅を太くした専用方眼紙[ラクロシュ]に手書きします。
相場のいろはも一緒に学べる内容です。

♪平日はまずはこだわりのおにぎりで腹ごしらえ。
♪土曜日は季節のお菓子で和みましょ。いずれもお飲み物付きです。
1.ローソク足の歴史 2.ローソク足の現在 3.ローソク足の形
4.ほっこりタイム(和ろうそくの灯りを楽しみましょう)
5.ローソク足を書いてみましょう。(金(Gold)の先物価格を使用) 6.質問タイム

参加費
2,940円(税込)(軽食と飲み物付)
[特典]和ろうそくと和柄のマッチをプレゼント/専用方眼紙[ラクロシュ]使い放題!
筆記用具は用意しますので、手ぶらでご参加くださいませ。

割引特典あります!
2回目以降参加の方は2,700円(税込)です。
【紅白の和ろうそく5本セット】をもれなくプレゼントいたします。

後半の「ほっこりタイム」からの参加も可能。
四本値をご自分で用意して和ろうそくの灯りの中、
静かにローソク足を手書きするという参加の仕方もOKです。

講師
鈴木さち子
証券会社等金融会社数社で役員秘書、人事採用、経営企画、
広報と幅広く業務を経験。金融系雑誌の編集を経て、
2006年1月Web企画会社 (有)ワーズオン設立。現在、代表取締役兼ライター。

場所:和の庵 あいれ屋 中井駅徒歩2分(西武新宿線/都営大江戸線)
東京都新宿区上落合2-17-3 おかめ工房2階

あいれ屋地図

定員:8名限定(最低催行人数3名)
(当日のキャンセルはキャンセル代が全額かかります)

5人★特割、ございます!
お友だちを誘って遊びにいらっしゃいませんか。
参加する方が5人以上集まったら、お得!
全員に\500円/
キャッシュバック!いたします。


お申し込み方法
ワーズオンWebサイトのお問い合わせフォームからどうぞ。 [お問い合わせフォーム]
[件名]は[ローソク足手書き講座申し込み]、[お問い合わせ内容]に「参加する日にち」
を入力して申し込みください。

フェイスブックからもOK!
[ワーズオン]のフェイスブックページのイベントからもお申し込みいただけます。

投資のいろはを学ぶ。「ローソク足(あし)」を手書きする。鈴木さち子さんの「さ、きもので楽しみましょう」ビジネス講座

11月 8日(土)17時から19時 https://www.facebook.com/events/807771832599479/
11月20日(木)19時から21時 https://www.facebook.com/events/1570048716549456/


投資に興味がある方だけでなく、
着物や和事が好きな方にも楽しんでいただける内容です。
どうぞお気軽にお申し込みくださいませ。
ご参加を心からお待ちしております。

Posted in ラクロシュ, 着物, Wordz-on info | Leave a comment

立川志の春さんが出演するゴールド落語会のご案内

ワーズオンがチラシの作成と裏面の取材記事の執筆を担当した
ゴールドフェスタ事務局主催の落語会。いよいよ今週木曜日23日に開催です。
まだまだお申し込み受付中! http://goldrakugo-vol1.peatix.com/

日時:2014年10月23日(水)19:15-21:00 開場18:45-
会場:東京・千代田区 日比谷コンベンションホール
料金:前売2,000円 当日2500円

インタビューの紙面ではお伝えきれなかった「落語」の魅力を体感しにいきましょう。

立川志の春というオトコ
華麗な経歴を捨て去って、落語家になったオトコ
早稲田界隈のカフェで「朝落語」終わらせてから取材場所に現れたそのオトコの風貌は、とても普通だった。このままネクタイ締めてスーツを着たら、かつて勤めていたニッポンを支える商社の営業マンに今だって見える。そんな印象のオトコがなんでまた落語家を職業に選んだのか質問してみた。答えは「師匠(立川志の輔)の落語に惚れたから」。
心酔が一夜限りではないことを確かめるため、入門までの11ヵ月間約300日で、4派を含め100以上の落語会・寄席を見て回ったという。3日に1本ってスゴイ。
気持ちに迷いはないと決めて立川志の輔師匠に弟子入り。前座修業には平成の時代なのに昭和の世界観が一際色濃く残っていた。立川流の成り立ちの独特な事情も手伝って、寄席に入らない代わりに師匠の付き人・運転手業務がメインの前座時代。高座や「ためしてガッテン」から垣間見える柔らかいイメージとは違い、師匠志の輔は弟子の育成には人一倍厳しい師匠だった。
貧乏は苦にならなかったが、自分の時間がまったくなかったのが一番辛かった。常にスタンバイ状態でいなくてはならないため、携帯電話を恨んだ日々もあった。想像以上に厳しい修業を乗り越えられた要因は何だったのか。それは、「意地、ですね」。商社を辞めて背水の陣。二十代そこそこの若手なら逃げ出せるが、社会経験もある自分はどこで働いても仕事が甘くないことは知っている。何よりも絶対に落語家になりたいという気持ちが強かった。落語家になって、師匠の落語から受けた衝撃を今度は自分が伝えたい。師匠からは前座としての気働き、落語の基礎を徹底的に叩き込まれた。前座修業を8年半務め上げ、二つ目になって3年半が経つ。
一般的に落語家は前座5年、二つ目10年のおよそ15年で真打となる。順調に行けばあと3年でその芸暦15年を迎える。二つ目時代は実力をつけるためいろいろなことをやって経験値を増やすとき。「僕は前座が長かった分、その期間が同期ぐらいの人より短いので、経験値が圧倒的に少ない。だから今はがむしゃらに話す場をたくさん持ちたい」。高座で滑ったらそのときのお客さんは二度と来ないかもしれない。受けが取れなくても絶対に途中で投げ出さない。噺を聴きに来たお客さんにはかならず何かを持ち帰ってもらうという気持ちで毎回真剣勝負している。

噺(はなし)が始まると、志の春が消えるのが理想
このオトコが供奴の出囃子に乗って登場し、立川談志師匠と同じ「丸に左三蓋松(ひだりさんがえまつ)」の紋付きの羽織をビシッと着て高座に上がったら、どんな風に変わるのか。
志の春はめざす落語の極みを演者としての自分の存在を消し去ることだと言い切る。噺が進むごとに志の春の姿は消えていくが、志の春の世界感は残る。落語に惚れたときの師匠、立川志の輔の落語がまさしくそうだったように。
落語家がしゃべるとその情景が「絵」として見えてくるときがある。その瞬間を観客が同じ場所で共有することが落語の醍醐味のひとつ。それを味わうには生で落語を観るしかない。
志の春は言う。「落語は不親切。聴いた人が想像力を膨らませなければいけない」。志の春が描く「絵」は見えるか、見えないか。志の春の姿は全部消えるか、半分か。堅苦しいことは抜きにしてまずはそれを確かめにいきたい。観客がみんなで同じ絵を見ることができたらそれはすばらしい体験になる。ゴールド落語会では古典に、新作。英語の噺も飛び出すようだ。一見落語家らしからぬオトコの話しっぷりを堪能しにいこう。(Text Sachiko Suzuki)

Posted in 金融, Wordz-on info | Leave a comment

嬌艶(きょうえん)でローソク足の手書きプチ講座。[ラクロシュ]手ぬぐいも販売

現代アートギャラリーThe Artcomplex Center of Tokyo(アートコンプレックス・センター)で開催されるアートとエンターテイメントで彩るモダンジャポネスクの祭典『嬌艶(きょうえん)』の企画ブースに出展します。

10月18日(土)午後14時から

「ローソク足手書きプチ講座」
http://kyouen.wix.com/2014#!workshop/ce7a

参加費は500円(当日企画ブースにて予約受付)


オリジナルデザインの[ラクロシュ]手ぬぐい販売

柿渋で補強された型紙の色のなんと美しいこと

嬌艶のショップブースに出展している
彫り師那須恵子さんに
デザインを依頼し、伊勢型紙に掘ってもらった染型を
「注染(ちゅうせん)」で染め上げた本格手ぬぐい。

右肩上がりの昇り龍。色も黄金色にしました。
金運アップの図柄ですよ(^^)v

嬌艶特別価格1,600円。100枚限定です。
御利益あるよう吉祥寺銭洗い弁天で洗った5円玉付。

東京金先物価格のつなぎ足を煙に見立てて描きました

Posted in ラクロシュ, 着物, Wordz-on info | Leave a comment

「和ときもの」がテーマのイベント『嬌艶(きょうえん)』のご案内

直前となってしまいましたが、スタッフとして関わっている和のイベントの内容をお知らせします。

アートとエンターテイメントで彩る
モダンジャポネスクの祭典「嬌艶(きょうえん)」
http://kyouen.wix.com/2014

2014年10月18日(土)・19日(日)11:00~17:00 LIVE Open17:45 Start18:15
入場料 500円(LIVE鑑賞には別途料金が必要です)
LIVEチケット料金 18日 前予約4,000円/当日4,500円/19日前予約3,500円/当日4,000円

メインイベントは和の世界と異文化がフュージョンするダンスや音楽のライブです。他にも和をモチーフにしたイラストなど現代アートや『嬌艶』の企画ブース、手仕事ニッポンの若い作家たちの販売ブースと盛りだくさん。

詳細はワーズオンが担当して作成したプレスリリースにまとめてありますのでせひご覧ください。
【嬌艶】プレスリリース_20141001

イベントのプロデューサーは、ローソク足の手書き講座の会場、和の庵「あいれ屋」の女主人。
きもの系のイベントとしては一風変わった内容で実験的な試みですが、スタッフ一同「心意気」で乗り切る覚悟で準備を進めてきました。

会場は刺激的な外観を持つThe Artcomplex Center of Tokyo(アートコンプレックス・センター)。

来年につながる場となることを信じて、100坪の空間を嬌艶色に染め上げます。
和のアートとダンスやミュージックライブがコラボするイベントにぜひ足をお運びくださいませ。

Posted in ラクロシュ, 着物, Wordz-on info | Leave a comment