Category Archives: 商品先物

東京商品取引所から大阪取引所へ先物取引一部移管 総合取引所誕生

7月27日、東京商品取引所に上場していた貴金属、ゴム及び農産物の先物・オプションが大阪取引所へ移管されました。日本証券クリアリング機構日本商品清算機構も統合。
2006年から15年近くかかった「総合取引所構想」がようやく日の目を見て、いよいよ商品と株が一体となりました。東京商品取引所に原油や電力の先物取引は残ったままですが、日本取引所グループの中に総合取引所が誕生しました。

総合取引所の実現について -Commodity is mine-

総合取引所誕生の会見


写真提供=大阪取引所広報


当日の会見は五代友厚氏の銅像が立つ北浜の大阪取引所1階アトリウムで。

株式会社日本取引所グループ 代表執行役グループCo-COO(兼 株式会社大阪取引所代表取締役社長、株式会社東京商品取引所代表取締役会長) 山道裕己(やまじひろみ)氏が挨拶しました。

今後の期待は、「利便性の向上」と「金融フローの流入」。「コモディティ市場の流動性の向上が実現することを確信する」と述べました。


【今日イチの言葉】

「Total Smart Exchange」

誰もが安心かつ容易に取引できる取引所。

JPXには株式を扱う「東京証券取引所」があります。大阪取引所もTOCOMもいずれはここと一緒になるのかな。

Posted in 商品先物, 金融, Wordz-on info | Leave a comment

日本取引所グループがメディア向け勉強会 7月27日東京商品取引所の金など移管で

7月27日から、東京商品取引所の金など一部商品が大阪取引所に移管されることを受けて、7月13日にメディア向けの勉強会に参加しました。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、zoomでの開催です。

説明内容は「総合取引所の実現とJPXコモディティ市場の今後の展望」。
大阪取引所と東京商品取引所共催で、広報・IR部(報道)が担当しました。
参加者は朝日、読売など一般紙や日経新聞、通信社など40数名。

「勉強会」なので、もちろん基本的なことの説明ですが、商品デリバティブ市場の現状や総合取引所誕生までの経緯などを整理するのに大変勉強になりました。
進行した大阪取引所市場企画部で東京商品取引所の総合業務室市場企画を兼務する川久保佐記課長の説明は流暢でさすがでした。事務局として東京商品取引所からは山下さんが参加。

いよいよですね。総合取引所。
2012年の金商法改正から8年の月日がかかりました。
まだ、石油と電力のエネルギー市場は東京商品取引所に残りますが、JPX との経営統合で大阪取引所が「金融系フローを導入して、商品デリバティブ市場の衰退を食い止める」ことを目指していく姿に期待したいです。

Posted in 商品先物, 金融, Wordz-on info | Leave a comment

TOCOMスクエアがオープン3周年記念イベント 原油と貴金属の話

東京での気温が30度を越えるなんて、5月の陽気じゃないですよね。そんな暑い最中の5月25日(土)、東京商品取引所にある商品先物取引の情報発信スペース「TOCOMスクエア」は、開設3年目を迎えた記念イベント「TOCOMスクエア3周年記念イベント世界経済の潮流とコモディティ~貴金属・原油~」を開催しました。

TOCOMスクエア3周年記念イベントセミナー会場

募集人数は60名ですが、補助イスを出すほどの盛況ぶりでした。

TOCOMスクエア3周年記念司会の大橋ひろこさんとナビゲーターの山本郁さん

 

司会はフリーアナウンサーの大橋ひろこさん。TOCOMスクエアナビゲーターの山本郁さんが「TOCOMスクエア」の役割を紹介しました。

1階には美味しいTOCOMオリジナルコーナーコーヒーもあるので、堀留町界隈に出向いたときはふらっと立ち寄ってみでくださいね。
第4回目を迎えているTOCOMリアルトレードコンテストの参加者は5月現在で360名超えたそうです。エントリーは9月末までできるそうでよ。

ココスタ代表・佐々木徹氏

前半の講演は、ココスタ代表・トレーダーの佐々木徹氏による「原油の取引~基礎編」。「逆ざやに売り無し」のお話など。

tocom20190525_03_b

休憩は25分。参加者は一階で協賛のサンワード貿易岡安商事のブースを回ったり、サンワード貿易のミニセミナーに参加したりと思い思いに過ごされていました。

TOCOMスクエア3周年記念イベント エミン・ユルマズ氏

後半の講演は、複眼経済塾(旧四季リサーチ)で取締役・塾頭を務めるエコノミスト・為替ストラテジストのエミン・ユルマズ氏による「世界経済の潮流とコモディティ ~貴金属・原油~」。この日はラマダン中でした。
「金」の話しでは「世界の取引所の歴史」を。「日本は1730年の大阪堂島の帳合米取引での先物取引が世界初」と説明。

投資はリスクを分散すること。タンス預金は1番危険?日本は150年で2回お金が無価値になっている。だから10年後に「現金」「預金」を持っていることに価値があるのかなんていうお話も。

講演の途中、地震が!
15時20分。千葉県南部震度5。

セミナー会場は地下でしたが、「ドスン」と一回沈みましたよ。

講義のあと、エミン氏への質問へは大橋氏が対応しました。

TOCOMスクエア3周年記念イベント 投資家との懇談

終わったら、1階で2名との懇親会。投資家の皆さん、積極的にコミュニケーションです。


【今日イチの言葉】

「原油」。

「金」ではなく、ですね。

この場所=「TOCOMスクエア」では、もう「金」だけをテーマにしたセミナーは無
理だということでしょう。

東京商品取引から、「金」の取引は大阪取引所に移ります。

Posted in 商品先物, Wordz-on info | Leave a comment

東京金融取引所で2019年3月期決算発表の記者会見

「令和」を挟んでの10連休が終わったら、5月は駆け足で過ぎ、2019年後半が薄く見えてきました。連休前の2019年4月24日(水)、社長が交代してから初めて迎える新年度の記者会見のため東京金融取引所へ出向きました。

会見で話されたのは代表取締役社長の木下 信行氏。旧大蔵省の出身でアフラック生命保険のシニアアドバイザーを務めていたからでしょうか。話し方はやや早いですが、しっかりわかりやすく説明してくださいました。

2019年3月期決算概況について、赤字はマイナス2億5000万。昨年度の営業成績で自己資産比率94.3%ですが、金融市場インフラの基本原則に乗っ取ると世界水準であるとし、金融取引を安心して行うインフラとして懸念はない述べました。

2019年度の業務計画では民間企業としては赤字なので回復が必要で、「新中期経営計画」を本年中に策定して来年の来年2020年4月から実施するそうです。

金、原油のETFについては新システム公開後速やかに早く準備を進めているとのこと。次世代金融システムは2019年7月22日、次世代証拠金システムは9月9日の稼働を予定しているのでサービスの提供はそのあとになるようですね。


tfx20190424_02_800._02

質疑応答では、JPXとTOCOMが総合取引所の実現に向けて統合発表したことについて今後の連携があるかはTFXのビジョンとしてふたつの側面があるとしました。

1つ目は政府の制度。
民間企業者としてはとやかく言う立場にない。

2つ目は個社の選択の問題。JPXとTOCOMが単独の問題で、
当社の話ではないので何も申し上げられない。

統合よりも民間企業の経営者として事業サービスの改善を優先課題としたいとのことでした。


【今日イチの言葉】

「立場」。

民間企業者としての立場。
マーケットメーカーと投資家の数字を付け合わせする立場。
それが素直に反映するよう環境を整備する立場。

いろいろな「立場」が存在しますが、
金融取引所としての「立場」ってなんでしょうね。

[Photo&Text:鈴木佐知子]

Posted in 商品先物, 金融, Wordz-on info | Leave a comment

大阪堂島商品取引所で平成31年新春賀詞交歓会

3月は桃の節句もとうに過ぎて、季節は春への助走が始まっています。約2カ月前の1月8日(火)、大阪で毎年恒例の商品先物新春賀詞交歓会が行われました。
会場は阿波座の大阪堂島商品取引所ビル6階大会議室。当時の立ち合い風景がそのまま残る何ともレトロな空間です。

odt_20190108_top


odt_20190108_01
司会進行の服部志穂子氏による開会の辞に続いて、大阪堂島商品取引所理事長の岡本安明氏が年頭の挨拶を述べました。


odt_20190108_02
大阪選挙区選出、衆議院の国会議員の先生方が紹介されました。
列席は総勢17名(秘書の代理出席を含む)。
中山泰秀氏、長尾敬氏、宗清皇一氏、谷川とむ氏、太田房江氏、東徹氏、大塚高司氏、佐藤ゆかり氏、とかしきなおみ氏、大西宏幸氏、大隈和英氏、岡下昌平氏、松川るい氏、浅田均氏、井上英孝氏。


odt_20190108_03
代表して内閣府副大臣、自由民主党大阪府支部連合会会長の左藤 章氏が、続いて商品先物取引推進議員連盟会長の竹本 直一氏が挨拶しました。


odt_20190108_04
来賓挨拶は農林水産省食料産業局食品流通課商品取引室長の福井逸人氏。


odt_20190108_05
鏡開きには襟に「大阪堂島商品取引所」と入った赤い法被を着た大阪取引所代表取締役社長山道氏、日本商品先物取引協会専務理事井上氏、日本商品清算機構代表取締役社長高橋氏、日本商品委託者保護基金常務理事庄司氏、國學院大學教授(コンチネンタルライスカンパニー代表)茅野氏、関西商品取引所元理事長岩村氏、(公)日本証券経済研究所大阪研究所主任研究員二上氏、立正大学経済学部教授林氏、SBIBITS取締役小川様、大阪堂島商品取引所理事長の岡本氏の10名が壇上へ。


odt_20190108_06
乾杯の発声は大阪取引所の山道氏。


odt_20190108_07
今年も大阪の商業を護る神様として崇敬される今宮戎神社から福娘が挨拶にきました。


odt_20190108_08
会場には関係者手作りの装飾。料理を囲んでなごやかな歓談が広がりました。


odt_20190108_09
中締めには取引所理事長の岡本氏、理事の鈴木勝夫氏、藤見徳男氏、総務部長の藤原淳一氏、業務兼システム部長の込宮勇氏、総務課長の阿部斉人氏、システム課長の早稲田俊彦氏、システム調査役の早田聖志氏が立会場の高場に上りました。
理事の鈴木氏の音頭で「大阪締め」が行われました。


odt_20190108_10
記者による囲み取材には理事長の岡本氏が応じました。


odt_20190108_11
取引所があるのは「阿波座」。ビル街で大阪をイメージする喧騒はなく、ひっそりしています。最寄り駅はもちろん、「阿波座」ですが、使い勝手の良い「本町」からは歩く、歩く(苦笑)


【今日イチの言葉】

米。

日本人にとっては特別なもの。

その取引を大阪堂島商品取引所が担う。

それを本気で望むのか。

[Photo&Text:鈴木佐知子]


 

Posted in 商品先物, Wordz-on info | Leave a comment